最新の治療方法でガン撲滅!免疫療法で体に負担をかけない

内視鏡で除去

女性

外科と内視鏡がメイン

胃袋に生じる胃がんは、他のがんと違った特徴を持っています。どのようなものかというと、放射線や抗がん剤での治療による効果が比較的薄いので、がん細胞分裂抑制が難しくなってしまいます。そのため、多くのがん専門医療機関でも胃がんは、外科手術による切除か内視鏡を使用した治療をメインとして行ないます。外科治療に関するイメージは、たまにやる医療系ドラマの風景をイメージすればある程度はどのようなことをするかは予想できます。しかし、内視鏡を使った治療法とは一体どのようなものなのかあまりイメージ出来ないでしょう。そこで、胃がん治療で多く行われている内視鏡治療について説明をしていきます。ある程度知っておけば、胃がんにかかったときに迷わず内視鏡治療を選択できるようになります。

内視鏡の機能

内視鏡を使用した胃がん治療は、どのような方法で治していくかという複数の段階に分けて行ないます。まずは、内視鏡に内蔵されている注射針を患部に刺して生理食塩水を注入して細胞組織をふくらませます。生理食塩水を注入した後に、特殊な医療用ワイヤーを膨らんだ細胞組織に巻いて固定していきます。固定できたら、ワイヤーに高周波電流を流してがん細胞を焼き切るのです。切ったがん細胞はそのままワイヤーで巻きつけられた状態で内視鏡と一緒に外部に引っ張り出します。比較的小規模な治療となっていて、お腹まわりに手術痕を残さずに胃がんを切除できるのは間違いありません。体に手術痕を残さずに胃がんを無くしたい場合は内視鏡を使った治療法を選択しましょう。