洗濯に使う時間を短縮

>

毎日の事ですから楽にしちゃいましょう!

ハンガーラックやツッパリ棒を活用

洗濯物を洗濯機から出したら、その場で干せるように洗濯機置き場にハンガーラックなどがあると便利です。ハンガーがけのまま収納するものは収納する時に使うハンガーで干してしまえば、乾いたら後は箪笥にしまうだけですね。タオルなどを干す場合は、引っ張っただけで外れるピンチに干すと乾いた時に外す手間が少し省けて楽に感じます。
ハンガーラックは場所を取りますので沢山はおけません。そんな時は、ツッパリ棒を上につけてしまいましょう。あまりに重い物を干してしまうと落ちてしまいますので、洗濯機に入れる前の仕分けのネットなどをS字フックでつるしておくと便利です。その中に汚れたものを入れておいて、洗濯機のそのまま入れてしまえば場所も手間も省け一石二鳥です。

乾燥除湿器も便利です

洗濯機置き場で干す場合、窓などがあり通気が良ければ良いのですが、室内干しになりますのでどうしても湿気がこもってしまいます。そんな時は、乾燥除湿器を使いましょう!
お風呂場のドアも開けておけば、お風呂の乾燥も出来てカビ防止にもなります。
コツとしては、除湿器のある部屋のドアをきちんと締めて置く事。部屋の中の除湿をするので、ドアが開いていると隣の部屋の湿気まで入ってきてしまいます。また、洗濯物が隙間なく干してあると中々乾きません。洗濯物の隙間は数センチ開けて干しておきましょう。
これは、扇風機などでも代用できると言えば出来るのですが、扇風機は除湿が出来ないのでやはり専用の乾燥除湿器を買った方が便利です。ホームセンターなどで一万円前後から売っています。その際、除湿できる部屋の広さや枚数などが書いてありますので、条件に合うものを選んでください。


この記事をシェアする