最新の治療方法でガン撲滅!免疫療法で体に負担をかけない

初期で治すには

聴診器

癌を初期で治すには、出来るだけ人間ドッグなどの検査を定期的に受けるのがおすすめです。その他にも、常に体の状態を観察しておくのも重要です。体重の激減などの症状について知っておけば癌を疑うことが可能になります。

もっと見る

発見が困難

手術の同意書

のどの腫れなどの症状は甲状腺に異常をきたしている可能性が高いです。人によって多彩な症状を引き起こす甲状腺の病気は、発見が困難なもので精密検査を受けなければ発覚しにくいので出来るだけ疑った時点で検査を受けましょう。

もっと見る

内視鏡で除去

女性

胃がんの治療では、外科手術による切除や内視鏡を使った治療法が多く行なわれます。とくに、内視鏡を使った方法は、手術痕を体の表面に残すことなくがんの摘出を可能としています。キレイな体のままにしたいなら内視鏡を選択しましょう。

もっと見る

第4の治療法

カウンセリング

新しい治療法

がん治療において、主流となっている治療法が3種類あります。それは、外科での切除手術や抗癌剤治療に放射線治療です。簡単に病巣を取り除くことで早期にがん細胞をなくせる切除手術は、即効性に優れているのですぐにでも社会復帰ができる可能性が高いです。抗癌剤や放射線治療に関しては、切除が難しい、もしくは病巣が大きすぎたり転移の可能性が高い場合に利用することが多いです。人間の手では届かないような場所に生じたがん細胞を除去するのに効果的な治療法と言えるでしょう。それらの、治療法にはどうしても避けては通れないものが生じやすいので、どの治療法にするのか選ぶ際には、不安になり中々選べなくなります。そんなときは、第4の治療法に頼ってみるのはいかがでしょうか。比較的体に負担が少ない免疫療法なら、安心してがん治療を続けられるのは間違いありません。

自身の免疫細胞を利用

新しいタイプに部類される免疫療法は、従来の治療法とは異なる性質を持っています。どのような面で異なるのかというと、人間が持つ免疫細胞を利用するところです。免疫療法とは、がん治療開始前に免疫細胞を若干摘出してから、培養したり活性化させたりして再び体内に戻すという方法です。強化された免疫細胞なら、体に負担をかけずにがん細胞に攻撃を加えてくれます。自身の体にある細胞を培養や強化をしたものなので拒絶反応を起こしません。また、副作用が発症してしまう心配も少ないので安心して利用できるのは確かです。それに、外科治療や抗癌剤治療などと平行して受けられます。もし、免疫療法を受けたいと思ったら主治医に相談してみましょう。